平成25(2013)年度 冬学期 ・ 駒場総合科目

  生命を衛る環境工学

    月曜 2限 10:40-12:10 @ 1号館156教室


キーワード:


いのちをまもる」という視点から,
社会の中で
都市環境工学が果たすべき役割を学ぶ。

東日本大震災に伴う諸問題について
          都市環境工学の視点から解説した後,

世界の都市環境問題の実態とその解決方法について,

            世界の第一線で活躍する講師陣が
                            オムニバス形式で概説する。


成績評価:


本講義に関する問い合わせ・連絡先:


PDF版: シラバス




10月7日 (月) ガイダンス:衛生工学の社会において果たす役割
東日本大震災に伴う環境問題 1: 廃棄物
講義資料
10月15日 (火) 東日本大震災に伴う環境問題 2: 水道  
10月21日 (月) 東日本大震災に伴う環境問題 3: 下水道  
10月28日 (月) 水環境中の微生物とその制御技術  
11月5日 (火) 世界の地下水と健康の問題  
11月11日 (月) 安全と基準  
11月18日 (月) 都市の水を支える生物処理技術  
12月2日 (月) 土壌地下水汚染のバイオレメディエーション  
12月9日 (月) 大気汚染の評価と事例  
12月16日 (月) 生態系への化学物質がもたらす毒性評価  
1月15日 (水) 気候変動がもたらす洪水リスク  
1月20日 (月) 途上国の水環境  
1月27日 (月) 水系感染症のリスク: カンボジア等の事例を通して  
    (11月25日は休講)