平成24(2012)年度 冬学期 ・ 駒場総合科目

  生命を衛る環境工学

    月曜 2限 @ 1号館156教室


キーワード:


いのちをまもる」という視点から,
社会の中で
都市環境工学が果たすべき役割を学ぶ。

東日本大震災に伴う諸問題について
          都市環境工学の視点から解説した後,

世界の都市環境問題の実態とその解決方法について,

      世界の第一線で活躍する講師陣が
                オムニバス形式で概説する。

資料は,毎回 講義開始時に配布する。

成績判定は,偶数回講義における
小テスト (または小レポート) 全6回の評価による。


問い合わせ先:


PDF版: http://www.env.t.u-tokyo.ac.jp/j/komaba/komaba2012W.pdf




10月15日 ガイダンス:衛生工学の社会において果たす役割
東日本大震災に伴う環境問題 1: 水道
10月22日 東日本大震災に伴う環境問題 2: 下水道
10月29日 東日本大震災に伴う環境問題 3: 廃棄物
11月5日 水環境中の微生物とその制御技術
11月12日 世界の地下水と健康の問題
11月19日 気候変動がもたらす洪水リスク
11月30日
(金曜)
アジアでの環境リーダーとなる人材の育成
12月3日 土壌地下水汚染のバイオレメディエーション
12月10日 大気汚染の評価と事例
12月17日 途上国の水環境
1月15日 バンコクにおける水環境と水処理技術の適用
1月21日 生態系への化学物質がもたらす毒性評価
1月28日 水系感染症のリスク: カンボジア等の事例を通して
  (予定)